仮想通貨は国ごとによって規制など違いが大きくあり取引を禁止する方向で動いている国や法で整備し
優先的に動いている国など様々です。
ここで取り上げる韓国の市場も大規模なハッキング事件があったことなどを背景に一時期は仮想通貨に
対する厳しい姿勢が見られていました。その厳しさから市場に悪影響を与えた事もあり国が仮想通貨に
対する影響は大きいと見ることができます。
一時期では韓国政府は仮想通貨の規制を強化する方針を示しその頃は韓国政府の規制強化の流れにも
敏感に反応したため活気を失い様々な仮想通貨が大きく下落していた時期もありました。
しかし韓国政府内でもこの問題についての対立があった様で、現在はっきりとしてはいませんが
「禁止」ではなく「規制」という流れで進んでいるようで、その為韓国国内にも仮想通貨取引所がいくつも
誕生してきています。日本でもビットコインが急騰して億り人が生まれたことはご存知かと思います、この
時も価格が上がる前にビットコインを買った人が恩恵を受けました。
つまり「今」よりも「先」を見た人の結果が出たわけですね。
韓国の仮想通貨市場はこれから加速する可能性があると見ていますのでここで情報を先取りして私たちも
「先」を見ていきたいと思います。

・韓国の市場規模は拡大している

現在韓国の仮想通貨取引所は10社と増えておりアルトコインの取引が活発で、イーサリアムとライトコインが
一時期ではありますが取引量世界一を記録したこともあります。

  • 韓国の取引所一覧
  • Bithumb
  • Coinone
  • Korbit
  • Yapizon
  • Coinpia
  • Eyabit
  • Coinis
  • Coinnest
  • Coinplug
  • Cointrade
  • UPbit

Bithumb・Coinone・Korbitは韓国3大取引所と言われており、下記よりこの3大取引所について詳しく説明していきます。

<Bithumb>ビッサム

韓国最大規模、知名度共にNo1と呼ばれている。
2017年に取引量世界一の記録もあり、Bithumbは年々取引量を増加しています。
Bitcoinをはじめコインの市場も拡大し1日の取引量が1000憶に達することもあるほどです。
現在9種類のコインの取扱いがあり会員数は80万人いるといわれています。
世界トップクラスの規模を誇っている事から海外取引所の中でもBithumbの存在は欠かせないといえます。

Bithumb特徴

・4か国語対応(英語、中国語、日本語)海外ユーザー獲得へ本格的に取り組む
・ハッキング被害発生 3万件以上の個人情報と口座に入っていたコインが紛失し被害額は7000万円以上と言われている。
・セキュリティ対策強化 Bithumbは顧客が安全に取引できるようサービスセンターを新設し保全システムを強化と発表
・ZCash(ZEC)上場へ ZCashの上場に伴い価格も急騰しました。

<coinone>コインワン

coinoneを評価している日本人投資家も多くいる
韓国のみならず世界中で評価されています。
チャートシステムが優れているというメリットがあります。
初心者向けの資料が豊富に揃っています。

coinone特徴

・対応している言語が韓国語と英語のみ
・コインの取扱い種類が4種類と少ない。
・サーバーが不安定
・チャートが本格的でトレーダーには評価が高い。

<Korbit>コルビット

セキュリティ対策に特に力を注いでいる取引所といえます。
サーバーも非常に安定している事から投資家がトラブルに見舞われる事が少ないです。
多額の資金調達に成功している。

Korbit特徴

・対応している言語は韓国語と英語のみ
・コインの取り扱いは12種類(現在一部停止で7種類の取引)と多い
・手数料は高め
・取引量は少ないので取引が決まりにくい。

<韓国の仮想通貨取引所今後の見通し>

市場規模は拡大傾向にあります。それは急騰や暴落を繰り返している事から世界中から注目されているが故の影響であり
サーバーが不安定になっているという点でも伺えます。それほど韓国の市場は世界に大きな影響を与えています。
ハッキング等のネガティブな情報もありますが、失敗を元にそれぞれが対策の強化に乗り出し積極的に仮想通貨の流通に
前向きであり、確実に仮想通貨の市場は拡大しています。
市場が拡大しているという事は仮想通貨の価格も上がる傾向になりますので、やはり韓国の仮想通貨取引所には注目して
おくべきです。
韓国3大取引所以外で注目を集める取引所UPbitはカカオトークで有名なkakao社の出資先の会社が運営している所で
110種類以上の仮想通貨の取引が出来るようにサービスを拡大させていくという発表などから、韓国だけにとどまらず
世界中から注目を集めています。
上記などの理由から韓国は仮想通貨に本格的に進出してくると思いますので韓国の仮想通貨市場に明るい話題がつきません。

<仮想通貨取引所韓国まとめ>

韓国の取引量は世界的に見ても日本と並びとても多いです。コインの種類は少ないのに取引量が多いという事はユーザーの
関心が高いという事が伺えます。
韓国の取引所はハッキング被害や犯罪トラブルも相次ぎICOが規制されるニュースもあり、法規制が厳しくなることも
考えられますが、インターネット文化が浸透している韓国ではオンラインで取引できる仮想通貨はまだまだ成長していくもの
だと考えます。3大取引所以外でも活発に開業されていることなどからこれからの韓国の取引所には目が離せないですね。
是非「先」を見て韓国の仮想通貨取引所に注目してください。