ブロックチェーンは仮想通貨との関連が強く大まかに分けると3つの種類に分けることができます。
ここでは初心者の方やこれから仮想通貨を始めるといった方にブロックチェーン技術を使った
仮想通貨の種類と違いをできる限り分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

<ブロックチェーン技術とは?>

ブロックチェーン技術というのは、元々ビットコインに使われるために生まれた技術なんですね。
中枢の大きなサーバーが不要でるあることや高い改ざんの防止などから「信頼性や安全面」といった
セキュリティ面の高さが評価され今後は様々な分野での活躍が期待されています。

<3種類のブロックチェーン>

・パブリックブロックチェーン
・コンソーシアムブロックチェーン
・プライベートブロックチェーン

ここではそれぞれの特徴や内容を説明していきます。

<パブリックブロックチェーン>

これは中枢となる管理者がいる訳ではなく参加者全員で管理するというシステムです。
中枢となるコンピューターが不要であることでこれに必要となる莫大な導入費や維持費を大幅にカット
できることで、送金などの係る手数料が割安になるメリットがあります。
また参加者全員で管理しているのでとても高い安全性を持っています。これはどういう事かと言うと
第三者の持つ情報をいくつも照合して情報が一致すれば認証されるという事で、参加者全員が自動監視
しているシステムです。
仮想通貨ではマイニングと呼ばれる記帳する人も自由に参加できます。
誰でも参加でき使用、閲覧すべてオープンになっており参加者の過半数の情報と一致することで取引
ができるようになるので、参加者が多ければ多いほどより強固なものになっていきます。

<コンソーシアムブロックチェーン>

コンソーシアムとは「組合」とか「協会」という意味です。
管理者が複数いるというイメージです。
これは先程の全員という事ではなく協会や組合に属しているパートナーが使う事ができます。
こちらは取引は自由にできますがマイニング権はありません。
事前にマイニングする人は指定されているという事です。
組合や協会の属し更にその中で選ばれた人に権利があります。
マイニング権を持つことでコストや時間を削減できるという事と仲間内でやっているために悪意を持った
外部者が問題を起こす可能性が低くなります。

<プライベートブロックチェーン>

こちらは管理者が1人います。ですのでこのブロックチェーンに参加するためにはこの管理者に承認を得る
事が出来ないと参加できません。言い方を変えるとパブリックブロックチェーンはオープンであるのに対し
こちらは完全にクローズされていると言えます。
プライベートブロックチェーンの場合は更に時間やコストを削減できます。管理者が1人いるという事で不正や
改ざんができないという利点がありますが、集中管理に近い形となり従来の管理環境に近いものであるとも
言えます。

3種類のブロックチェーンについてお伝えしました。
下記ではその3種のブロックチェーンの代表的な仮想通貨をご紹介します。

<パブリックブロックチェーン仮想通貨>

名前 特徴
ビットコイン 時価総額NO.1 ブロックチェーン技術の先駆け的存在。認知度もNO,1
イーサリアム 時価総額NO.2 スマートコントラクトという技術を採用。非常に高い信頼性に注目
ネム 取引時間が短い(実用性が高い)

 

<プライベートブロックチェーン仮想通貨>

名前 特徴
リップル 送金、決済に特化。手数料の安さが売り。
アリス 日本発の仮想通貨。SNS評価者が報酬としてアリストークンがもらえる。

 

<コンソーシアムブロックチェーン仮想通貨>

・Hyperldger Fabric
・Hyperledger Irohaこちらは仮想通貨ではなく業界横断型ブロックチェーン・テクノロジーを推進するコラボレーティブなオープンソースプロジェクトです。

コンソーシアムブロックチェーンはパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの中間的存在でそれぞれのメリットやデメリットをすこしづつ持っているといえます。

<ブロックチェーン仮想通貨・まとめ>

★パブリックブロックチェーン
・管理者がいない。
・誰でも参加、閲覧、使用可能
・オープン

★コンソーシアムブロックチェーン 
・複数の管理者が存在
・協会、組合に加入した人や組織が使用できる。
・セミオープン

★プライベートブロックチェーン
・一人の管理者が存在
・参加には管理者の許可が必要
・クローズ

ブロックチェーンと仮想通貨の関係は非常に高く、特にセキュリティやコスト面といった所でブロックチェーンの
技術が活かされています。
この技術はインターネットの誕生に匹敵するほどの革新的なテクノロジーと言われています。それほど強固な改ざん
不可能性を持っているのですね。ブロックチェーンにおける「信頼性と安全面」をこれで理解できたと思いますので
ぜひ仮想通貨を楽しんでください。