昨年はビットコインが過去最高の驚異的値上がりを見せ、年始には業界の歴史に残るような
コインチェック事件が発生したりして、仮想通貨はテレビや新聞などで大々的に報道されたことで、
それまで仮想通貨の存在すら知らなかった人にでも広く知られるようになりました。
詳しいことは知らなくても、ビットコインの名前ぐらいはみんな知ってますよね。

それでも仮想通貨は怪しい。詐欺なんじゃないか。うかつに手を出すと痛い目に合うかもしれない。
でも、億り人とか言って、すごく儲けている人が大勢いるらしい。

そんな感じで興味を持って、仮想通貨のことを調べだす人も増えてきていることでしょう。

でも、いざ調べだすと、

  • 仮想通貨はビットコイン以外にもたくさん種類があるんだな。
  • 仮想通貨を買うには取引所に口座を持たないといけない。
  • いろんな取引所があって、扱っているコインもそれぞれ違うんだな。

とか
調べないといけないことがたくさんあります。

そして、取引所の口座を作ってみても、はてどのコインをどれくらい買えばいいのか、皆目見当がつかない。

とりあえずビットコインを買っておくか、でもいいですが、そこで止まっていたのでは、
せっかく仮想通貨を始めた甲斐がありません

仮想通貨にはビットコイン以外のアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)
にも今後期待がもてるいいコインがたくさんあるのです。

ここでは、仮想通貨初心者の方におススメのアルトコインを紹介します。
きっと参考にしていただけると思います。

1.イーサリアム(ETH)

イーサリアムはビットコインに次ぐ第2位の時価総額(約2兆3500億円)を持つコインです。
2017年だけで1000円から90000円と約90倍に高騰しました。
イーサリアムとは、このコインのプロジェクト名で、コイン自体の正式名はイーサです。
イーサリアムにはビットコインにない「スマートコントラクト」という機能があり、取引時に契約(約束事)を書き込んで
いくことが出来ます。
ちょっと初心者お方にはピンと来ないでしょうが、これにはトヨタ自動車をはじめ多くの大企業が注目しており、
あのホリエモンさんも絶賛しているとか。
さまざまな仮想通貨取引でもビットコインと並んで両替に指定されることが多く、常に一定量持っておくにふさわしいコインではないでしょうか。

2.リップル(XRP)

リップルは米リップル社によって開発が行われた、分散型台帳技術を利用した、法人向け国際送金ブロックチェーンネットワークで、
コインの名勝はXRPと呼ばれます。
ビットコインの致命的問題であるスケーラビリティ・消費電力などを解決し、ビットコインでは約10分かかっていた送金・決済を
わずか数秒で行い、手数料も各段に安くすることを実現しました。
これには各大手金融機関が注目しており、すでに多くの銀行がリップルの送金システムを利用しています。
2017年には約80倍前後まで高騰しました。
これも安いときに買っておけばよかったなと後悔しているのは、私だけではないでしょう。
でも、まだまだこれからも金融機関などでの利用が期待できるコインですので、
是非いくらかは持っておくのがいいのではないでしょうか。

リップルはbitbank(ビットバンク)などで購入できます。

3.ライトコイン(LTC)

ライトコインは、ビットコインから派生して進化した仮想通貨です。
こちらもビットコインの欠点であるブロックチェーンへの承認(マイニング)に約10分を要するという問題を見事に解決。
ライトコインはわずか2分でこれらの取引を終えることが出来ます。
なので、取引がたくさん行われても、素早く情報追加(ブロックチェーン)を行うことができます。
また、ビットコインはマイニングに要するシステム機材や電力が膨大に必要でしたが、この問題も解決。
ライトコインは特別なパソコンでなくても、一般的なパソコンでマイニングが出来ます。
またこのマイニングに関しては、コインの発行枚数が大きく関係してきます。
ビットコインは上限が2100万コインと決められていますので、マイニングすればするほどどんどん発行されにくくなっていく
ということになりますが、ライトコインの上限はなんと8400万コインですので、まだまだマイニングしやすいというメリットがあります。
ただ、一方では数が多いと希少価値は少なくなりますが。

ライトコインはbitFlyer(ビットフライヤー)などで購入できます。

4.リスク(LISK)

リスクはイーサリアムのスマートコントラクトに加えて、サイドチェーンという技術を実装しています。
これは、メインのブロックチェーンとは別にブロックチェーンを用意して、そこにも情報を書き込んで行くことが出来ます。
なので、万一メインのブロックチェーンに何か問題が起きたとしても、別のブロックチェーンを利用すれば、この問題を
解決できるという仕組みになっています。
この仕組みにはマイクロソフトなどの大手IT企業が注目し、LISKと提携を結んでいます。
また、発行枚数は無限となっていて、ビットコインやイーサリアムのようにマイニングをするのではなく、フォージング(鋳造)
という形でコインを発行していきます。
リスクの開発者が取引を承認する人を選び、承認者に手数料や新たに発行したリスクを渡したりします。

リスクはbitFlyer(ビットフライヤー)などで購入できます。

5.ネム(XEM)

ネムはコミュニティ志向で平等な分散型プラットフォームの創出を目標としたプロジェクトで、通貨はXEMと呼ばれます。
特徴としてはPOI(Proof-Of-Importance)という仕組みが利用されており、簡単に言うと、ネムを利用している人が優先的に
恩恵を受けられるようにする仕組みということです。
ビットコインなどは、マイニングしている人が恩恵を受けられるような仕組みですが、ネムは純粋にネムをたくさん保有している人が
優先されるようになっています。
ネムは総発行量8,999,999,999XEMすべてが最初に分配されており、新たにマイニングすることが出来ないかわりに、ハーヴェスティング
(収穫)という形でネットワーク貢献者に分配されます。

ネムは、Zaif(ザイフ)などで購入できます。

 

 

いかがでしょうか。
どれも大手企業が注目したり、関与したりしていて、さらなる値上がりの可能性を秘めた優良コインばかりです。

仮想通貨は少額からでも買えますので、まず手始めにどれかを買って仮想通貨投資デビューを果たしてみてはいかがでしょうか?