仮想通貨ウォレット

「仮想通貨は怖い

世間的にはそのようなイメージを持っている人も多いでしょう。

しかしそれは仮想通貨が暴落したりするから、だけではないと思います。

2018年1月にコインチェックから数百億円相当の通貨が流出しました。

それ以前にも、2014年にマウントゴックスで同じようなことが起こっています。

ニュースでも大々的に報道されていましたよね。

金額があまりにも大きいため、これによって仮想通貨の世間的なイメージが植え付けられたのかもしれません。

 

しかし仮想通貨で怖いのは、実は価格の暴落ではありません。

一番怖いのは、取引所のハッキングや通貨の流出などです。

通貨の価格が暴落しても、いきなりゼロにはなりませんし、自分で対処することもできます。

しかし、ハッキングや通貨流出は、いきなり自分の資産がなくなってしまいます。

そうです、いきなりゼロになってしまう可能性があるのです。。

仮想通貨の投資を続けていく上で、このリスクだけは避けなければいけません。

そのためには、仮想通貨ウォレットを利用する必要性があります。

ここでは、この仮想通貨ウォレットの必要性について解説していきます。

 

仮想通貨ウォレットとは?

必要性を解説する前に、そもそも仮想通貨ウォレットとは、何なのでしょうか?

これは仮想通貨を保存しておく場所のことです。

 

例えば、日本円であれば

  • 銀行
  • お財布
  • タンス?!
  • 金庫

などにお金を保存していると思います。

同じように仮想通貨も

  • 取引所
  • ウェブウォレット
  • ソフトウエアウォレット
  • ハードウエアウォレット

大きく分けると、この4種類の保管場所に仮想通貨を保管していくことになります。

 

仮想通貨も日本円と同じように保管場所によって、安全性、信頼性などが大きく違っています。

 

取引所での保管は安全か?

日本円の保管場所として、一番利用されているのはおそらく銀行でしょう。

仮想通貨において、この銀行に相当するのが取引所になります。

では、取引所に仮想通貨を保存するのが一番安全なのでしょうか?

答えはノーになります。

なぜなら、取引所は銀行ほどまだ信頼できないからです。

仮想通貨の取引所は、国への登録がやっと義務化されたレベルです。

信頼性や安全性において、まだまだ銀行の足元にも及びません。

取引所のハッキングや通貨流出も、今なお定期的に発生していますからね。

ただしこれも今後仮想通貨が発展していくために、通らなければいけない道だと思います。

銀行のインターネットバンキングなども初期の頃はハッキングなどの問題が多々ありましたから・・

 

取引所の安全性がまだ低い以上、すべての仮想通貨を取引所に保管しておくのは非常に危険です。

日本円で言うところのお財布や金庫に相当する、仮想通貨ウォレットに分散して保管しておく必要性があります。

取引所には、短期で頻繁に売買する分だけ保管しておくのがいいでしょう。

それでは、その他の仮想通貨ウォレットの特徴を見ていきましょう。

 

ウェブウォレットとは?

ウェブウォレットとは、インターネット上に存在している保管場所のことです。

ちなみに取引所もこのウェブウォレットに該当しています。

取引所の安全性については、先ほどお話しましたね。

取引所の他にも、このウェブウォレットがあります。

取引所とは違って、通貨の取引などは行わず、通貨の保管のみに特化したウォレットです。

これは、オンラインウォレットなどとも呼ばれています。

このオンラインウォレットは、取引所のような運営破綻などのリスクはありません。

ですから、取引所と比べると安全性の面でいえば上になります。

代表的なものでは、blockchain.info、coinbaseなどがあります。

メールアドレスとパスワードの設定だけですぐに作れます。

ただし、安全性はそれほど高くありませんから、頻繁に動かしたい程度の通貨を保管しておくのがいいでしょう。

 

ソフトウェアウォレットとは?

ソフトウェアウォレットは、自分のスマホやパソコンにソフトをインストールして利用します。

ウェブウォレットとの違いは、インターネットに接続していなくても使えることです。

ですから、ウェブウォレットに比べれば、セキュリティ強度は高くなります。

しかし反面、デメリットもあります。

ソフトをインストールしたスマホやパソコンがウイルスに感染したり、紛失、故障などしたら使えなくなってしまうということです。

ですから、やはり大きな金額の仮想通貨を保存するのは避けた方がいいですね。

 

ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットは、秘密鍵を保存するUSBのような小さな端末のことです。

インターネットに繋がなくても良いですし、ソフトをインストールする必要もありません。

そのため、ハッキングやウイルスの心配もありません。

現状、仮想通貨の保管場所としては、このハードウェアウォレットが一番安全性は高いです。

代表的なハードウェアウォレットとしては、

  • Ledger Nano S
  • Trezor

この二つがあり、どちらかを利用するのが間違いないでしょう。

このハードウォレットは、日本円の保管場所でいうところの金庫のような位置づけです。

しかし、ハードウェアウォレットは金庫よりも安全です。

なぜなら、仮に紛失したとしてもまた復元できるからです。

パスフレーズというものを残しておけば、また新しいハードウェアウォレットを購入して復活できるわけです!

金庫だとこうはいきませんよね?!

長期投資が目的で、大きな金額の仮想通貨は、このハードウェアウォレットに保存しておくのがベストといえるでしょう。

 

まとめ

仮想通貨ウォレットの必要性はお分かりになったでしょうか?

日本円の保管場所としては、銀行が一番安全だと思います。

しかしそれでも、もし銀行が倒産した場合、1000万円までしか保証してもらえません。

そのため、たくさんのお金を持っている人たちは、いろんな銀行に分散して保管しています。

海外の銀行まで利用している人もいるかもしれませんね。

お金持ちはこの辺りの必要性はよくわかっています。

仮想通貨も同じように分散することをおススメします。

今のところ、ハードウェアウォレットが一番安全ですが、さらに複数のハードウェアウォレットを利用して分散しておくと、なお安心できると思います。