仮想通貨のICO

一口に仮想通貨と言っても、いろんな稼ぎ方があります。

仮想通貨の値上がりを狙うだけでなく、マイニング、アービトラージ、ICOなど・・

もしかしたら、聞いたことがない言葉もあるかもしれませんね。

すべての手法を理解して実践する必要はありませんが、仮想通貨で稼ぐ方法はたくさんあるということだけは知っておいた方がいいですね。

そんな多数ある稼ぎ方の中に、ICOという方法があります。

2017年に「億り人」になった人が多数存在していますが、実はその人たちのほとんどは、このICOによって稼いだのです。

ですから、このICOは短期間で大きく稼げる可能性を秘めた方法なわけですね。

ここでは、そんな魅力を秘めているICOについて解説していきます。

 

ICOとは?

そもそもこのICOとは何なのか、ご存じでしょうか?

ICOとは、Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略になります。

  • Initial  初期段階
  • Coin   通貨、コイン
  • Offering 募集、販売

新規に公開する仮想通貨のことですね。

株式で言うところのIPOと同じです。

発行側がプロジェクトを進めるための資金を、独自の仮想通貨を販売することによって調達するのです。

この独自の仮想通貨は、トークンと呼ばれています。

ビットコインやイーサリアムといった一般的な仮想通貨と違って、この独自トークンはあまり知られていないですし、信用などもありません。

そんなよくわからないトークンをいったい誰が買うの?と思われるかもしれませんが、そう言ったデメリットの反面、余りあるメリットがこのトークンにはあるわけです。

 

トークン発行者側のメリットは?

これは先ほどもお話しましたが、資金調達できるということです。

普通、何かの事業をしようと思ったら、銀行などに融資をお願いしなければなりません。

しかし、銀行の融資などは厳しい審査があり、なかなか認可されませんよね。

ましてや仮想通貨に関連したプロジェクトであれば、今はまだ尚更難しいでしょう。

しかしICOは、現状ではまだそれほど規制や手続きが厳しいわけではありません。

ですから、ICOを使ってプロジェクトを広く宣伝して、そのプロジェクトに賛同してくれた人から資金を調達する方がいいわけです。

 

トークン購入者側のメリットは?

まずは非常に安くトークンを購入できるということです。

ICOはまだ取引所に上場する前の段階です。

ですから、まだトークンの価値がちゃんと定まっていません。

また、ICOを行う側からすれば、トークンを購入して欲しいので、出来るだけ安い価格で販売します。

厳密に言うと、ICOにもいくつかの段階があります。

プライベートセール、プレセールなどといった感じです。

そして、そのセールごとにトークンの価格も違っています。

ICOもセールの段階が早ければ早いほど、トークンを安く購入できるわけです。

ICOで出来るだけ安くトークンを購入しておくと、その後取引所に上場され、そのプロジェクトの市場での評価が高かった場合、爆発的な値上がりが期待できます。

実際に2017年には、数百倍になるトークンが多数発生しました。

仮にトークンを10万円分購入していたなら、数百倍というと・・・?!

ICOにはそれだけ夢もあるということですね!

 

ICOのリスクは?

ICOには夢もありますが、当然リスクもあります。

先ほどもお話しましたが、ICOを行うために、現状では規制や手続きなどがまだそれほど厳しくありません。

その結果、現状では詐欺的なICOも多く存在しています。

考えられるのは、ICOで資金調達だけして、プロジェクトは進めず、そのままトンずらしてしまうケースです。

こういったICOも実際に存在します。

しかし、ここまであからさまなのは極めて少ないでしょう。

その他のケースでは、プロジェクトが夢物語で終わってしまうことです。

プロジェクト自体は一生懸命に取り組んで、なんとか実現しようとしているのですが、なかなか上手くいかない場合です。

プロジェクトが上手くいかなければ、当然トークンは値上がりしません。

それどころか、実現不可能と判断されれば、限りなくゼロに近づき、紙屑になってしまうかもしれません。

ですから、ICOに参加する上で一番重要になるのは、ICOの選別ということになります。

 

ICOの今後は?

仮想通貨自体、まだまだ新しい技術です。

ですから、いろいろなことがまだ手探りの段階といえるでしょう。

取引所のセキュリティなどもそうですが、問題が出たら対策をして、それを繰り返していくことで徐々に成熟していくと思います。

ICOに関しても同じです。

詐欺的なICOが多くなれば、ICOを行うのも参加するのも、規制されたりして、法律が整備されていくでしょう。

実際、ICOに関しては、日本人の参加が規制される方向に動いているようです。

この辺りは注視していく必要がありますね。

 

まとめ

ICOにはリスクもメリットも、両方大きく存在しています。

しかし、あまりにリスクばかりに目を向けてしまうと、大きな富を逃してしまう可能性もあります。

実際、ICOで大きな富を築いた人たちがいるのは事実なわけです。

ですから、ICOは安易に参加することはせずに、しっかり情報収集をして、自分自身で納得して行うのが良いでしょう。