すでに仮想通貨の売買を何度もしても、結構知らない用語やわかったつもりになっている仕組みってありますよね?例えば「マイニング」。別にマイニングが分からなくても仮想通貨の取引には、なんの支障もありません。ですから今まで適当に理解していました。ただ最近、マイニングにはとても重要な意味があることを知りましたので、シェアしてみたいと思います。

マイニングってどんな意味なの?

私たちは、お金をふだんは銀行に預けていて、お金を送金するときや入金するときには、たいてい銀行やコンビニのATMを使ってやります。

その送金や入金の記録は銀行がすべてやってくれますので、私たちはたま~にATMで通帳に記帳して取引履歴を確認する程度。これはいつも当たり前のようにやっていることなので特に気にしたりすることはありません。でも、よくよく考えてみると、銀行は巨大なサーバーを使って私たちのお金の取引を一元的に管理しているということがわかります。

ところが・・・ビットコインを始めとする仮想通貨はどうでしょう?

仮想通貨の取引には、国はもちろん、日本銀行を始めとする金融機関は関与していません。これは世界中どこの国でも同じです。仮想通貨には、銀行のような通貨の取引状況を一元的に管理する仕組みがないのです。

では、取引の記録はどうしているのか?不正を防ぐためにどうしているのか?など、銀行と比較するといろいろな疑問が出てきますよね?仮想通貨には実体がありませんが、今ではすでに「通貨」としての機能を持っていますから、私たちにとっては大事な「お金」には違いありません。ですから当然、あなたも安心して仮想通貨の取引をしたいと思うでしょう。実は、この取引の記録や不正を防ぐ役割を担っているのが「マイニング」であり、ここにマイニングの重要な意味があるのです。

ブロックチェーン・・・あなたも耳にしたことがある言葉だと思います。仮想通貨の取引は、銀行が巨大なサーバーを使って一元的に取引の管理をしない代わりに、このブロックチェーンという技術を使って、分散型のネットワーク上のシステムで、ネットワークに参加しているユーザー一人ひとりが取引の管理をしています。この作業のことをマイニングと言い、マイニングに参加する人をマイナーと呼びます。マイニングには基本、誰でも参加することができます。

マイナーたちはそれぞれ自分のコンピューター(パソコン)で取引のデータを管理しあっていますので、例えば私のパソコンが壊れたとしても、世界中のマイナーたちのコンピューター(パソコン)が同時にすべて壊れない限り、データはきちんと保存されます。ここが一元管理と違って優れたところです。また、マイナー全員が取引データを見ることができるため、誰かが自分に都合が良いデータを作ろうとしても、他のマイナーたちの承認がなければそのデータは保存されませんから、不正ができないというわけです。

仮想通貨は世界中で取引されていますが、その取引には必ずマイナーたちの承認や確認が必要になります。つまり、マイニングをしてくれるマイナーがいるからこそ、私たちはビットコインを始めとする仮想通貨の取引を安心してできるというわけです。そのため、マイナーには承認や確認の対価として報酬が支払われますが、この「報酬をもらうこと」もマイニングが持つ意味のひとつになります。

マイニングの流れはどうなっているのか?

では、そのマイニングはどのような流れで行われているのでしょうか?

<その1:トランザクション>

マイニングで最初に行われる作業は、取引(トランザクション)の検証です。マイナーたちはそれぞれ自分のパソコン(コンピューター)でマイニングを行いますので、ネットワーク上から取引データを取り出し、各自で取引が正当であることを検証するため「二重払い」や「なりすまし」などが行われていないかを確認するのです。そして、検証が終わると取引データに履歴を追記して、ブロックに格納していきます。ちなみに、ブロックに取引データを格納し、そのブロックを数珠のように繋げていくことからブロックチェーンと呼ばれています。

<その2:ナンス探索>

二番目に行われるのは、取引データを格納したブロックを直前に作成されたブロックに繋げるという作業です。この作業では、直前に作成されたブロックとの整合性を確認し、検証した取引が正当であることを証明してから繋げなければなりません。そのために必要になるのが「ナンス」というもので、これはわかりやすく言うとブロックとブロックをつなぎ合わせるための接合部品みたいなもの。実はマイニングでは、このナンスを探し出すために膨大な計算処理をしなければならないのです。

<その3:ブロック承認>

このナンスの探索をしているマイナーたちの中で、最初のナンスを発見したマイナーは他のマイナーたちに、ナンスを発見してブロックを繋げたこと、そして報酬を受け取ることを報告します。他のマイナーたちは、そのナンスが正当なものか検証して、それが正当だと判明すると繋げられたブロックを承認します。これが三番目の作業です。

例えばビットコインの場合、マイニングによって取引台帳を作成するのは10分間に1つとなっています。マイナーたちはその10分間に誰よりも早くトランザクションとナンスの探索をして報酬を得ようとしています。そして世界で最も早く成功したことが他のマイナーたちに認められて、初めて報酬を得ることができるのです。

その報酬は、マイニングをした結果新たに発行されるビットコインです。2018年現在、10分間ごとに12.5BTCがマイニングの報酬として支払われています。これをレートに換算したら・・・けっこうな金額になると思いませんか?ちなみに、この作業が金の採掘に似ているから「採掘=マイニング」と呼ばれているそうです。

<その4:コインベース>

そしてマイニング最後の作業は、ナンスを発見したマイナーが行います。ナンスを発見したマイナーは、取引台帳に自分が報酬として受け取る新規発行コインの取引を追記してブロックに格納します。これでブロックが完成し、すべてのマイニング作業が終わります。

まとめ

円やドルなどの法定通貨とビットコインなどの仮想通貨の違いの中で、私が最もスゴイなって感じていることは、このマイニングは誰でも参加できるということ。これは「仮想通貨の取引データは誰でも見ることが可能である」ということを意味しています。

すべての取引データが衆人の監視下にあるため、不正ができないってことはもちろんですが・・・この透明性は、国や中央銀行が取引に関与しないという仮想通貨の特性の中で、とても重要なことだと思います。

この透明性が公平性を保ちながら、これから法整備などが進んで行けば、もっともっと一般投資家の資本が入ってくることになるでしょう。そうなると仮想通貨はますます自由で新しい発展を遂げる可能性があるわけです。だからこそ、いまなお仮想通貨は国境を越えて広がっているわけで、「もうバブルは終わった」なんて言われていますが、なんだかんだ言っても、これから仮想通貨は本当の意味で時代の幕開けを迎えるんだろうなと、ワクワクしている私です。