仮想通貨に関心がある方は、エアドロップという言葉を聞いたことがあるかもしれません。英語Airdropを日本語に訳すと飛行機から物資を空中投下するという意味になります。
仮想通貨業界においては、エアドロップというと仮想通貨やトークンが無料で配布されることを指します。
受け取った仮想通貨やトークンが値上がりすれば結構高額なおこづかいになることもあり、世の中にはエアドロップの案件情報を世界中から集めて参加している人もいます。
とても魅力的に見えますが注意をせずに参加すると痛い目にあう可能性もあります。今回はエアドロップについての詳細と注意すべき点などをお伝えします。
エアドロップの仕組みは簡単にいうと、無資金でも主催者側の要求する情報を提供したりタスクをこなす事により仮想通貨やトークンをもらえるというものです。
1件あたりのもらえる額はそれほど大きくはありませんが、コツコツ参加件数を増やしていけばそれなりの額になります。
元手が少ないけど仮想通貨に興味があるという人におすすめです。

エアドロップは大きく分けると2種類

エアドロップは大きく分けると2種類になります。
1つ目は、ウォレットに仮想通貨やトークンを保管しておくだけで新しい仮想通貨やトークンが入手できるというものです。これは一部を除いて自分から何かをする必要はないです。
案件自体はあまり多くはありませんが、1つ1つの注目度は高くなる傾向があります。
2つ目はアカウントを作成したりSNSに連携させることにより仮想通貨やトークンがもらえるというものです。こちらの方が案件は非常に多いです。
なぜ仮想通貨やトークンがタダでもらえるのかというと、配布する側のPR活動のためという意味合いが強いです。
例えば、ティッシュ配りでティッシュがタダでもらえるのは、広告の紙が入れてあるからです。あれと似たようなものです。
エアドロップを行う理由は、独自の仮想通貨やトークンを多くの人に保有してもらうことにより、認知度や流動性を高める狙いがあります。
ICOを行う際に、認知度が高まっていれば資金が集めやすくなります。

エアドロップに参加する場合

エアドロップに参加する場合、案件ごとに必要な条件が異なってきます。よく目にするのは、インスタントメッセージシステムのTelegramでつながったり、
TwitterやFacebookなどのSNSでフォローしたり、ウォレットやメールアドレスを登録するといったものです。とても楽なものもあれば、かなり複雑なものもあるので、
はじめに参加条件を良く見て判断したほうが良いでしょう。
エアドロップで受け取った仮想通貨やトークンは五百円とか千円くらいの価値があると配布する側は主張しますが、
実際に仮想通貨取引所に上場できなかったり法定通貨や他の仮想通貨に交換できない場合、その時点では無価値ということになります。
そして、無価値のまま変わらないものが結構多いです。過度の期待はしないほうが良いでしょう。

エアドロップに参加するにあたっての注意すべき点をお伝えします。まずは、Eメールについてです。
エアドロップを行う側はいろんな参加条件を設定しますが、多くのところでEメールアドレスを要求します。
サイトへのログイン用であったりお知らせを送るために使われるのであれば問題ありませんが、悪意がある人へ渡ったら大変です。
Eメールでわざと難しい言葉を並べて不安をあおり、サイトへのログインパスワードやウォレットの秘密鍵やパスワードを要求することもあります。
メールでパスワードを要求されたら、まず疑ってなるべくは関わらないほうがいいです。

悪意のあるサイトの危険性

続いて悪意のあるサイトの危険性についてお伝えします。今のご時世、インターネットは危険がいっぱいです。
エアドロップを行う側のサイトでウォレットのパスワードや秘密鍵の入力を求められたら要注意です。
基本的にエアドロップ案件のサイトにてウォレットのパスワードや秘密鍵を求められることはありません。もし入力してしまったら悪用されかねませんので気をつけましょう。
エアドロップの案件は期限があったり総額が決まっていたりします。余裕があれば早めに参加することをおすすめします。

エアドロップ案件の情報収集法

エアドロップ案件の情報収集法についてお伝えします。主にインターネットを介しての情報収集が今のところ有力です。
中でもTwitterやFacebookを使った検索で多くの案件を見つける事ができます。
最近はエアドロップと検索するとiPhoneやiPad等の機能であるエアドロップについても検出されてしまいますが、そこは読み飛ばしましょう。
あと有効と思われる情報収集先としてLINE@やメルマガ、インターネット上のサイトなどがあげられます。
全てにおいて言えることですが、発信者は信頼のおける人または団体なのかを見極めなければなりません。
エアドロップ情報を見つけたからといって、すぐに飛びつくのはやめましょう。
今回はエアドロップについていろいろとお伝えしました。
まだ知らない人や疑心暗鬼な人が多く参加者は少ないのが現状ですが、逆に考えるとそんな今だからこそいい思いができる可能性があるのも事実です。
情報をしっかりと精査し詐欺にひっかからない様に心がけてエアドロップを楽しみましょう。