海外取引所の魅力ってやはり「手数料が安い」ことと「豊富なコインの種類」ですよね。しかし仮想通貨は国ごとによって規制など違いが大きくあって取引を禁止する方向で動いている国もあれば法で整備し優先的に動いている国など様々です。中国の仮想通貨市場は2017年には大きな規制が入り中国3大取引所での取引が出来なくなるなど大きな動きもありましたが、2018年に入ってからは規制はあるものの世界トップクラスの市場にまで成長する規模になりました。つまり中国の仮想通貨取引所を知るという事は世界の仮想通貨事情を知るという意味でも決してスルー出来ない存在です。そして仮想通貨トレーダー、つまり中級者以上の方は海外取引所を利用している方がほとんどであるという事をご存知でしたか?海外取引所を活用することで今までよりもっと、もっと楽しくもっと幅広い仮想通貨取引が出来るようになります。ここでは海外取引所が数ある中で、中国の仮想通貨取引所にフォーカスし中国の人気の取引所をランキングにてご紹介していきますのでここでしっかりと学び、ぜひ中国の仮想通貨取引所を知り仮想通貨中級者を目指してください。

中国(海外)取引所を選ぶ際のポイント

・信頼性の高さ
これは言うまでもなく、信頼性は高い方がいいですよね?これは登録者数や取引量、そして取引所が
セキュリティに積極的などで見ることができます。
・活発に取引されている
活発に取引されている=多くの人が利用している、という事ですのでスプレッド(買値と売値の価格差)
が小さくなります。活発に取引されているという事は売買の時間も早く取引が出来るという事です。
また多くの人が利用しているという事は信頼性にもつながります。
・他の取引所にないもの
これはトークンだったり、手数料だったりと他との取引所と比較することで、利用する側のメリットを
理解した方がよりお得に取引が出来ますし、他にはないメリットを得ることができます。
・日本語対応の有無
どうしても日本語対応の取引所を選びがちになってしまいますが、中級者を目指す以上日本語対応の
取引所を探すより英語に慣れていくという事の方がメリットが大きいです。もっと言えば英語に慣れる
事が出来れば世界各国の取引所で取引が出来るという事です。

<中国仮想通貨取引所人気ランキングTOP10>

 

順位 取引所名 取扱い銘柄数
1位 Huobi 約80種類
2位 Binance 約100種類以上
3位 OKcoin(EX) 約100種類以上
4位 Kucoin 約70種類以上
5位 BTCC 4種類
6位 Fcoin 16種類
7位 Bit-Z 約80種類以上
8位 Bibox 約80種類以上
9位 Bitfinex 約40種類以上
10位 LBank 約100種類以上

1位から4位までは1度は聞いた事があるのではないかと思いますが、2位のBinanceは世界でもトップクラスの取引所でとても有名です。1位と2位の差はそれほどありませんが、ここで1位にHuobiを置いた理由はいくつかありますが、拠点が世界130か国にも展開しているという点を評価しました。1位Huobi3位OkCoinは中国3大取引所に数えられ安定の上位です。

ランキングTOP10までお伝えしましたが、やはり取扱い銘柄数は日本と比較してもはるかに多いことが分かります。
5位BTCCや6位FCoinなどは取扱銘柄数こそ少ないですが中位にランクしています。
BTCCは元中国3大取引所の一つと呼ばれていた取引所でした。2018年5月まで取引停止となっており同年6月に
再オープンしました。ブランクの間に他の取引所の躍進に差をつけられた為ランクが下がりましたが、今後に期待
できる取引所です。BTCCは過去に取引量世界一になった実績もあります。
6位FCoinも取扱い銘柄数こそ少ないものの世界NO1の取引量であった2位Binanceを一時的に抜いて、世界一の取引量
を誇る取引所になり堂々の6位です。またオープンも2018年5月にサービス開始した新しい取引所ですのでこちらも
上位に食い込む可能性は十分に秘めていますし、私も個人的に特に期待している取引所です。

それではランキングTOP10の中国仮想通貨取引所それぞれの特徴をかいつまんでお伝えします。
1位Huobi  中国3大取引所の一つ。日本語対応あり。Huobiトークンという独自トークンを発行している。
2位Binance 世界トップクラスの取引量。人気もトップクラス。BNBというBinance発行の通貨がある。
3位OKcoin 中国3大取引所の一つ。一時期は世界4位の取引量。正規取次店が日本にある。
4位Kucoin  2018年中に1000種類の取扱通貨数を目指すと発表。取引画面が使いやすい。
5位BTCC   元中国3大取引所の一つ。世界的に見ても老舗の取引所。独自トークン発行予定に注目。
6位FCoin  FTトークンという独自の高配当トークンがある。世界的に注目されている取引所。
7位Bit-z  急成長中の取引所。独自トークンのBit-zトークンは多く流通している。
8位Bibox Biboxトークンを保持していると手数料0.05%と世界トップクラスの手数料の安さ。
9位Bitfinex 新規口座で取引するには10,000USD相当の法定通貨または仮想通貨の入金がいるなど敷居が高い。
10位LBank 基軸コインがQTUMを採用。世界的に見ても取引量は多く比較的流動性は高め。

<中国仮想通貨取引所ランキングまとめ>

人気TOP10の取引所をお伝えしましたがいかかでしょうか?中国は規制がかかったり色々ネガティブな情報もありましたが
2018年に入ってからは特に活発に取引が盛んになり、Binanceの躍進は目まぐるしいものがありました。それに負けず劣らず
同国の他の取引所でも世界1位の取引量を誇ったり中国の取引所は世界的に見ても外すことができない存在であることは
間違いありません。ここで見たランキングTOP10に入った中国仮想通貨取引所をより良く理解していく事でぜひ仮想通貨
中級者を目指していきましょう。